ウォッチ

長くロレックスを使うなら|オーバーホールを専門業者にしてもらおう

定期的に行う

ウォッチ

オーバーホールとは、時計を分解して点検、修理、交換を行うことです。ロレックスといった高級腕時計にも欠かせない作業です。オーバーホールはロレックスの正規代理店である日本ロレックスに依頼するのがもっとも順当で間違いのない選択肢ですが、最低でも五万円程度はかかります。なぜそれだけかかるのかというと、作業工程が複雑であり部品の交換や注油作業なども必要なためです。ですが、正規代理店以外でもオーバーホールを請け負っている業者はいくつか存在します。正規代理店以外の業者はかなり安くできることが多いという魅力があります。平均して二割から三割ほど安いことが多いです。オーバーホールは三年から四年に一度は行うべきといわれており、長い目で見るとかなりお金がかかります。そのため、安ければ助かると考えるのも自然な人情です。とはいえ、適当な業者に依頼して調子が悪くなったりロレックスの寿命を縮めてしまうのでは本末転倒といえます。選定時には、パーツなどは正規品を使っているか、熟練した職人が行ってくれるか、過去の実績はあるかなどをチェックしましょう。正規品以外のパーツでは、本来のパフォーマンスが発揮されないおそれがあります。必ず正規品を扱っている業者にしましょう。職人の腕を見極めるには、過去の実績をチェックするのがポイントです。過去に同様のオーバーホールを多数請け負っている職人ならば信用に足ると推測できます。問い合わせて確かめるのも良いでしょう。

Copyright © 2017 長くロレックスを使うなら|オーバーホールを専門業者にしてもらおう All Rights Reserved.