時計を見る人

長くロレックスを使うなら|オーバーホールを専門業者にしてもらおう

時計の点検や修理

男の人

業者に依頼するときの流れ

調子が悪くなったロレックスは業者に依頼してオーバーホールすることで、新品のように動きがスムーズになります。業者に依頼してロレックスをオーバーホールするときの流れは、まず依頼する業者を決めることから始めます。ロレックスのオーバーホールでは消耗したパーツを交換する事になるため、ブランドに対応したパーツを揃えている業者を選ぶ必要があります。インターネットや雑誌などで調べることで、ロレックスのオーバーホールに対応している業者を、見つける事ができます。オーバーホールを依頼する業者が決まったら、インターネットや電話で業者に申し込みをします。申し込みをする時には、ロレックスの品番や状態を業者に詳しく伝え、業者からオーバーホールするときの見積もりを取ります。見積もり金額に納得できればロレックスを業者に持ち込んで、見積もりの詳細を出してもらいます。オーバーホールを行っている業者の中には、宅配でロレックスを送れるサービスを提供しています。そういったサービスを利用できれば、自宅に居ながらロレックスのオーバーホールを依頼することができ便利です。最初の見積もりと金額に大きな違いがなければ、ロレックスのオーバーホールを業者に依頼します。ロレックスのオーバーホールには1ヶ月程度の期間がかかり、予想外のパーツ交換が必要になった時には、業者と相談して修理を進めます。全ての作業が終わったら時計の状態をチェックして問題がなければ、修理料金を支払い時計を受け取ります。

高級時計の点検は

メンズ

ロレックスのような高級時計は、3〜4年に1度程度、オーバーホールを行うことで時計の良い状態をキープすることができます。公式修理業者である日本ロレックスは、パーツも純正で安心です。また、オーバーホール料金を抑えたい場合は、高級時計の修理を専門に行っている、信頼できる業者に依頼しましょう。

メンテナンスの大切さ

腕時計

ロレックスがきちんとした動作をするためには、潤滑油が非常に大切となります。この潤滑油は年月と共に劣化していくため、定期的なオーバーホールが必要となります。ロレックスのオーバーホール作業は、非常に技術が必要なものとなります。ですので、きちんとした専門の業者に依頼することをお勧めします。

定期的に行う

ウォッチ

オーバーホールとは時計の分解修理のことで、ロレックスの正規代理店だと最低五万円はかかると言われています。それ以外の業者に依頼することもできますが、慎重に見極めねばなりません。正規のパーツを使っているか、熟練した職人が行ってくれるかなどをチェックしておくようにしましょう。

Copyright © 2017 長くロレックスを使うなら|オーバーホールを専門業者にしてもらおう All Rights Reserved.